マップを見る 電話をかける

※公的医療保険外治療 新しい技術・医療機器を使った治療のため、公的医療保険が適応されません。

角膜を削らない手術「フェイキックIOL」

フェイキック手術は、小さなレンズを目の中に挿入することで視力を回復させる新しい視力矯正手術です。コンタクトレンズのように毎日のお手入れも必要なく、特別なメンテナンスをしなくても、目の中で長期間に渡って良好な視力を維持することができます。フェイキック手術の特徴は、角膜を削らない手術であることです。角膜を削らないことで得られるメリットは非常に多く、快適な裸眼生活を手に入れることが期待できます。

-診断および執刀について-

レーシック手術やフェイキック手術などの屈折矯正手術は、日本眼科学会が認定する眼科専門医であると同時に、角膜の生理や疾患、眼光学に精通している医師が、診断および手術を担当することが必須条件であるとされています。冨田実アイクリニック銀座では、手術を希望される全ての患者様に対して、屈折矯正を専門とする眼科専門医である冨田実院長が、診断および手術を担当します。レーシック手術やフェイキック手術などの屈折矯正手術を受ける際は、診察および手術を眼科専門医が担当していることを確認することが大切です。非専門医が担当するクリニックもあるようですが、非専門医による診断や執刀は避けることが適切です。

視力回復手術の代表としてはレーシックが有名です。レーシックは角膜削って近視や乱視を治療しますが、フェイキックは、角膜を削らずに視力を回復させる治療法です。一度角膜を削ると、元の状態に戻すことができませんが、フェイキックは、いったん目の中にセットしたレンズを取り出すことができます。万が一何らかの問題が起きてもレンズを取り除けば元の状態に戻すことができます。また、白内障になった場合でも、レンズを取り出して白内障の治療をすることができます。
レーシックでは、角膜を削るため高次収差(不正乱視)が増加することがあります。特に強度近視の方は、角膜を多く削る必要があるため、高次収差の増加が大きい傾向にあります。この高次収差はメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みで、手術後の見え方の質に関係します。フェイキックは、角膜を削らずに視力を向上させますので、手術後の高次収差が発生しません。以前は、レーシックが受けられない方の視力回復のもう一つの選択肢というイメージでしたが、現在ではレーシックが適応となった方でも、敢えてフェイキック手術を希望される方も増えてきています。
視力回復を望んでいても、レーシックでは矯正できる度数に限界があります。強度近視、角膜の厚さが足りない、角膜形状に問題がある、円錐角膜と診断されたなどの理由で、レーシック手術を諦めてしまった方も少なくないでしょう。フェイキックIOLは、角膜を削らずに視力を向上させることができる治療法のため、強度近視、角膜の薄い方、形状に問題がある方、円錐角膜と診断された方でも、治療を受けることが可能です。また、矯正できる度数の範囲が広く、レーシックでは矯正できない強度の近視や乱視の方でも視力を回復することができます。
通常のコンタクトレンズは、日々の手入れが必要で、煩わしさを感じている方も少なくないでしょう。しかし、安全にコンタクトレンズを使用するには、レンズに応じた日々のお手入れは不可欠です。フェイキックIOLは、眼の中にレンズを挿入して視力を回復させますので、治療後のお手入れは一切必要なく、長期にわたり視力を維持することができます。
レーシックでは、フラップ作成時に角膜の知覚神経が切断されるため、一時的にドライアイが起こることがあります。通常、切断された知覚神経は3カ月程度で元に戻りますが、術後しばらくの期間は、ドライアイの症状が続くことがあります。また、レーシックでは術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することがあります。これらの症状は、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた瞳孔サイズより小さい場合に起こることがあります。フェイキックIOLは、角膜を削らないため、このような手術後のリスクが少ないです。
レンズを固定する位置によって2つのタイプのレンズがあります
フェイキック手術で使用するレンズは、レンズを固定する位置によって2つのタイプに分けられます。角膜と虹彩の間に挿入するタイプを「前房型レンズ」といい、虹彩と水晶体の間に挿入するタイプを「後房型レンズ」といいます。冨田実アイクリニック銀座では、詳細な検査を行い、眼の状態に適したレンズを選択して、治療を行います。
当院で使用している前房型フェイキックIOLレンズには、オフテック社製(オランダ)のアルチザンレンズとアルチフレックスレンズの2つの種類があります。手術は、角膜と虹彩の間(前房)にレンズを固定して、近視・遠視・乱視を治療します。すでにFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されております。それぞれのレンズで、適応範囲が異なるため、目の状態に合わせてレンズを選択します。
後房型フェイキックレンズは、水晶体と虹彩の間(後房)にレンズを固定して、近視・遠視・乱視を治療します。現在ではおよそ70ヵ国で使用されています。 強度近視、強度乱視にも対応する幅広いレンズバリエーションがあり、新たに開発されたホールタイプのレンズは、光学部中心に極小の貫通孔を設けた新しいモデルで、手術前にレーザーによる処置をしなくても房水循環の維持が可能になりました。


後房型フェイキックレンズに、老眼に対応した「遠近両用フェイキックレンズ」が登場しました。 すでに世界では多くの症例実績があり、良好な結果が報告されている新しい後房型フェイキックレンズです。一般的に、40歳を過ぎると老眼を自覚するようになると言われています。老眼にも対応した遠近両用フェイキックレンズの登場で、老眼治療の選択肢がまたひとつ広がりました。

フェイキック手術の指導医ライセンスを持つ
冨田院長が執刀を担当します

フェイキック手術の執刀は、指導医ライセンスを取得している冨田院長が担当します。フェイキック手術で使用するレンズには、角膜と虹彩の間にレンズを挿入する「前房型レンズ」と虹彩と水晶体の間にレンズを挿入する「後房型レンズ」があります。老眼治療に対応した遠近両用フェイキックは、後房型レンズになりますが、冨田院長は前房型レンズ、後房型レンズともに指導医のライセンスを取得しています。また、日本眼科学会のガイドラインには、フェイキック手術などの屈折矯正手術は、日本眼科学会が認定する眼科専門医であると同時に、角膜の生理や疾患、眼光学に精通している医師が、診断および手術を担当することが必須条件であるとされています。冨田院長は、屈折矯正を専門とする日本では数少ない眼科専門医でもあり、何でもご相談いただける心強い存在です。