マップを見る 電話をかける

※公的医療保険外治療 新しい技術・医療機器を使った治療のため、公的医療保険が適応されません。

角膜を削らない手術「フェイキックIOL」

フェイキック手術は、小さなレンズを目の中に挿入することで視力を回復させる新しい視力矯正手術です。コンタクトレンズのように毎日のお手入れも必要なく、特別なメンテナンスをしなくても、目の中で長期間に渡って良好な視力を維持することができます。フェイキック手術の特徴は、角膜を削らない手術であることです。角膜を削らないことで得られるメリットは非常に多く、快適な裸眼生活を手に入れることが期待できます。

-診断および執刀について-

レーシック手術やフェイキック手術などの屈折矯正手術は、日本眼科学会が認定する眼科専門医であると同時に、角膜の生理や疾患、眼光学に精通している医師が、診断および手術を担当することが必須条件であるとされています。冨田実アイクリニック銀座では、手術を希望される全ての患者様に対して、屈折矯正を専門とする眼科専門医である冨田実院長が、診断および手術を担当します。レーシック手術やフェイキック手術などの屈折矯正手術を受ける際は、診察および手術を眼科専門医が担当していることを確認することが大切です。非専門医が担当するクリニックもあるようですが、非専門医による診断や執刀は避けることが適切です。

視力回復手術の代表としてはレーシックが有名です。レーシックは角膜削って近視や乱視を治療しますが、フェイキックは、角膜を削らずに視力を回復させる治療法です。一度角膜を削ると、元の状態に戻すことができませんが、フェイキックは、いったん目の中にセットしたレンズを取り出すことができます。万が一何らかの問題が起きてもレンズを取り除けば元の状態に戻すことができます。また、白内障になった場合でも、レンズを取り出して白内障の治療をすることができます。
レーシックでは、角膜を削るため高次収差(不正乱視)が増加することがあります。特に強度近視の方は、角膜を多く削る必要があるため、高次収差の増加が大きい傾向にあります。この高次収差はメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みで、手術後の見え方の質に関係します。フェイキックは、角膜を削らずに視力を向上させますので、手術後の高次収差が発生しません。以前は、レーシックが受けられない方の視力回復のもう一つの選択肢というイメージでしたが、現在ではレーシックが適応となった方でも、敢えてフェイキック手術を希望される方も増えてきています。
視力回復を望んでいても、レーシックでは矯正できる度数に限界があります。強度近視、角膜の厚さが足りない、角膜形状に問題がある、円錐角膜と診断されたなどの理由で、レーシック手術を諦めてしまった方も少なくないでしょう。フェイキックIOLは、角膜を削らずに視力を向上させることができる治療法のため、強度近視、角膜の薄い方、形状に問題がある方、円錐角膜と診断された方でも、治療を受けることが可能です。また、矯正できる度数の範囲が広く、レーシックでは矯正できない強度の近視や乱視の方でも視力を回復することができます。
通常のコンタクトレンズは、日々の手入れが必要で、煩わしさを感じている方も少なくないでしょう。しかし、安全にコンタクトレンズを使用するには、レンズに応じた日々のお手入れは不可欠です。フェイキックIOLは、眼の中にレンズを挿入して視力を回復させますので、治療後のお手入れは一切必要なく、長期にわたり視力を維持することができます。
レーシックでは、フラップ作成時に角膜の知覚神経が切断されるため、一時的にドライアイが起こることがあります。通常、切断された知覚神経は3カ月程度で元に戻りますが、術後しばらくの期間は、ドライアイの症状が続くことがあります。また、レーシックでは術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することがあります。これらの症状は、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた瞳孔サイズより小さい場合に起こることがあります。フェイキックIOLは、角膜を削らないため、このような手術後のリスクが少ないです。

Premium Phakic IOL

プレミアム眼内コンタクトレンズ

プレミアム眼内コンタクトレンズ

プレミアム眼内コンタクトレンズは、EyeOL社製(イギリス)の後房型フェイキックレンズで、ヨーロッパの厚生労働省にあたるCEマークを取得しています。(CEマークは安全基準を満たすことを証明する称号です)すでに、世界20カ国以上で使用されており、当院では6年前に新規導入して手術を行っています。プレミアム眼内コンタクトレンズは、近視、遠視、乱視の治療はもちろん、世界で初めて老眼の治療を可能としたフェイキックレンズで、現在も老眼に対応したフェイキックレンズはプレミアム眼内コンタクトレンズしかありません。フェイキック手術で使用されるレンズには、いくつかの種類がありますが、結果においても良好な成績を残しています。レンズの素材も「ハイブリッド・ハイドロフィリック」が用いられ、眼内での安全性も証明されています。眼内での安定性を追求した独自のレンズデザインを採用し、レンズの光学径を広くしたことで、瞳孔径に左右されにくいクリアな視界が期待できます。また、レンズに設置された複数のホールによって、虹彩切開が不要となり、スムーズな房水の循環経路が確保されたことで眼圧上昇などのリスクを抑制します。

プレミアム眼内コンタクトレンズの性能

プレミアム眼内コンタクトレンズには、フェイキック特有のクリアな視界を実現するために様々な新しい性能が採用されています。後房型のフェイキックレンズには「ICLレンズ」がありますが、海外の学会では「プレミアム眼内コンタクトレンズ」が同等以上の結果とレンズ性能を有していると報告されています。新たに採用されたプレミアム眼内コンタクトレンズのレンズ性能は、“クリアな視界”だけではなく、長期的な視機能の維持、合併症の抑制に効果を発揮しています。また、3焦点のプレミアム眼内コンタクトレンズは、今までは不可能とされていた老眼の治療にも対応しており、世界初の老眼用フェイキックレンズとして注目されています。
  • 瞳孔径に左右されない6.6mmのレンズ光学径

    眼内レンズで物を見る部分をの光学部といいますが、この光学部のサイズは瞳孔径に左右されるため、照明条件の違いによって見え方に影響します。瞳孔は、明るい所では小さくなり、暗い所では大きくなるため、光学部が小さいと暗い所でレンズよりも瞳孔が大きくなり、レンズの縁(周辺部)が見えてしまいます。このレンズの縁に光が反射するとハロー・グレアの原因にもなり、暗所での視機能が低下します。ICLレンズにも光学径を6.1mmに広くしたEVO+ICLレンズが登場しましたが、プレミアム眼内コンタクトレンズの光学径は6.6mmとさらに大きく設計されています。光学部が大きくなっても眼のサイズに合わせた13ものレンズサイズがあるプレミアム眼内コンタクトレンズは、眼内での安定性に優れており、照明条件に左右されない質の高い見え方を追求しています。

    • プレミアム眼内コンタクトレンズ
    • EVO+ICLレンズ
  • 独自のプレミアムカーブで白内障の発生を抑制

    従来のフェイキック後房型レンズ(ICL)は、レンズ形状がフラットに設計されていたため、水晶体との距離が近く、白内障が発症するリスクがデメリットのひとつでもありました。プレミアム眼内コンタクトレンズは、独自のレンズデザインによって、水晶体との距離を確保する「プレミアムカーブ」を採用し、フェイキック手術の課題であった白内障の発生リスクを軽減したことで、より安全性の高い視力回復手術を可能としています。

    • プレミアム眼内コンタクトレンズ
    • EVO+ICLレンズ
  • 長期的に視気機能を維持するハイブリッド素材を採用

    プレミアム眼内コンタクトレンズには、眼内で長期的に視機能を維持することができる”ハイブリッド・ハイドロフィリック・アクリル”が使用されています。ハイドロフィリック・アクリル素材は、白内障の眼内レンズにも使用されており、すでに眼内で使用されている実績がありますが、従来のアクリルレンズよりも水分含有量を多くしたハイブリッド素材を採用したことにより、タンパク質などの汚れがレンズに付着しにくい特性があり、長期的に安定した視機能を維持できることが確認されています。

  • 6つのハプティックスでレンズの安定性が向上
    プレミアム眼内コンタクトレンズには、眼内でのレンズの安定性を維持するために6つの支持部をもつ独自のレンズデザインを採用しています。フェイキックの後房型レンズは、虹彩と水晶体の間にある後房というスペースにレンズを挿入しますが、支持部が4つのICLに対して、よりレンズの安定が追求した6つの支持部を持つレンズデザインが、眼内でのレンズの安定性を実現しています。
  • 眼内の循環経路を確保する7つのホールデザイン

    プレミアム眼内コンタクトレンズには7つのホールが設置されており、それぞれが重要な役割を果たしています。かつてのフェイキック手術では、眼内を流れる房水の循環経路を確保するために、虹彩切開術が必要でしたが、レンズの中心部分にホールを設置することで、虹彩切開術が不要となりました。これによって、患者様の負担が大きく軽減されましたが、プレミアム眼内コンタクトレンズには6つのホールが追加され、眼内での循環経路の確保はもちろん、白内障や緑内障の発症予防にも配慮されています。大きく区分けすると7つのホールが3つの機能を果たしており、フェイキック手術の安全性をさらに向上させることに成功しました。

  • フルオーダーで作成されるカスタムレンズ
    プレミアム眼内コンタクトレンズは、眼の大きさに合わせてレンズのサイズが選択できるように全部で13ものレンズサイズが取り揃えられています。欧米人よりも眼のサイズが小さい日本人にもフィットするレンズをオーダーすることができますので、患者様個々に合わせたカスタムレンズでの手術を提供することができます。規制サイズしかない他の後房型レンズと大きく違い、患者様の眼のサイズに合わせてフルオーダーでレンズを作成しますので、レンズの度数だけではなく、眼内での安定性にも優れたレンズをご用意することができます。
  • カスタムレンズで常に理想的な水平状態で挿入できる

    プレミアム眼内コンタクトレンズには、乱視のある方にも対応したトーリックレンズもご用意することができます。一般的な後房型レンズにも乱視に対応したトーリックレンズがありますが、プレミアム眼内コンタクトレンズのトーリックレンズは、乱視軸をレンズ内にカスタマイズするため、どんな乱視軸に対してもレンズを水平に挿入することできます。これによって、眼内レンズを常に理想的な状態で挿入することができるため、レンズの安定性が大幅に向上。眼内を流れる房水の循環経路も常に一定化され、レンズの傾きに左右されることがありません。

    • プレミアム眼内コンタクトレンズ
    • EVO+ICLレンズ
  • エクセレントクリアサーフェイスを採用
    プレミアム眼内コンタクトレンズには、レンズの表面構造をスムーズにすることで見え方の質を高める「エクセレントクリアサーフェイス」という新しい技術が採用されています。フェイキック後房型レンズの中でも見え方の質が高く、ハローグレアの発生を抑制する工夫が施されています。実際に、ヨーロッパ白内障屈折矯正学会(ESCRS)において、スペインのDr.Teus教授により、プレミアム眼内コンタクトレンズがコラマーレンズ(ICL)よりもレンズの表面がクリアーかつスムーズであり、より見え方の質が高いことが証明されています。ESCRSの眼内コンタクトレンズのシンポジウムでは、当院の冨田院長が世界各国から選出された5人の講演者の1人に選ばれるなど、プレミアム眼内コンタクトレンズの世界的オピニオンリーダーとして活躍しています。

Presbyopia Premium Phakic IOL

「3焦点プレミアム眼内コンタクトレンズ」登場

プレミアム眼内コンタクトレンズには、フェイキック特有のクリアな視界を実現するために様々な新しい性能が採用されています。後房型のフェイキックレンズには「ICLレンズ」がありますが、海外の学会では「プレミアム眼内コンタクトレンズ」が同等以上の結果とレンズ性能を有していると報告されています。新たに採用されたプレミアム眼内コンタクトレンズのレンズ性能は、“クリアな視界”だけではなく、長期的な視機能の維持、合併症の抑制に効果を発揮しています。また、3焦点のプレミアム眼内コンタクトレンズは、今までは不可能とされていた老眼の治療にも対応しており、世界初の老眼用フェイキックレンズとして注目されています。
  • 6年前に日本で初めてフェイキックによる老眼治療に成功
    当院は、6年前に日本で初めて「3焦点プレミアム眼内コンタクトレンズ」による老眼治療を導入して、多くの症例の治療実績を有しています。また、冨田院長は日本人の眼科医として、「3焦点プレミアム眼内コンタクトレンズ」による手術を初めて成功させた実績があり、日本で唯一の上級指導医ライセンスを与えられています。
  • 老眼用レンズは遠方・中間・近方の3つの距離に対応

    世界で初めて老眼を治療できる3焦点フェイキックレンズは、プレミアム眼内コンタクトレンズしかありません。老眼は40歳を過ぎた頃から自覚してくるといわれていますが、老眼用のフェイキックレンズが登場したことで、幅広い年代の視力回復に対応することができるようになりました。レンズの構造は、白内障手術で使用する3焦点レンズと似ていますが、レンズの中心部にあるホールの形状が円錐状をしているため、光学的欠損を抑制することができます。また、独自のレンズデザインによってハロー・グレアの発生を軽減しています。

  • 老眼用レンズは3焦点回析型アポダイズド構造

    世界で初めて老眼を治療できる3焦点フェイキックレンズは、プレミアム眼内コンタクトレンズしかありません。老眼は40歳を過ぎた頃から自覚してくるといわれていますが、老眼用のフェイキックレンズが登場したことで、幅広い年代の視力回復に対応することができるようになりました。レンズの構造は、白内障手術で使用する3焦点レンズと似ていますが、レンズの中心部にあるホールの形状が円錐状をしているため、光学的欠損を抑制することができます。また、独自のレンズデザインによってハロー・グレアの発生を軽減しています。

EVO+ICL Lens

より質の高い見え方を追求したレンズデザイン
新しく誕生したICLレンズを新規導入!
ICLレンズが、 新たなレンズデザインに改良されて新登場!
進化を続けるICLレンズによる視力矯正

新たなレンズデザインに改良された EVO+ICLレンズは、従来の ICLレンズの性能を大きく向上させ、 より進化した視力矯正を可能としました。レンズ全体のサイズは変更せずに、視力に影響するレンズ の光学部径だけが拡大されています。これによって、視力矯正手術の様々な課題が克服されています。

  • ■夜間視力の向上

    レンズの光学径が大きく改良されたことで、瞳孔径の大き差に左右されにくくなり、夜間の見え方の改善効果が期待できます。
    特に瞳孔径の大きな若年世代に効果的です。

  • ■ハロー・グレアの発生率を低減

    レンズの光学径を大きく改良したことで、レンズ効果の無いゾーンを透過する光を低減させることを実現。これによって、手術後のハロー・グレアの発生を低減させます。

  • ■房水の循環経路を確保

    光学部の中心にある貫通口によって、房水の循環経路を確保します。また、手術前の虹彩切開術が不要となり、患者様の負担軽減を実現しています。

上級指導医ライセンスを取得した冨田院長が執刀を担当

冨田院長は、日本の眼科医で唯一プレミアム眼内コンタクトレンズの上級指導医ライセンスを取得しています。すべての手術を担当する冨田院長は、プレミアム眼内コンタクトレンズにおける実績が評価され、トップフェイキックサージャンに認定されています。海外の眼科学会においても、フェイキック手術の有意差やテクニックなどについても講演するなど、レンズの性能についても熟知しています。日本人で初めてプレミアム眼内コンタクトレンズの手術を行なった眼科医としても知られており、フェイキック手術の普及に貢献しています。

Phakic IOL Price

レンズの度数に関係ないプレミアム眼内コンタクトレンズの手術費用

プレミアム眼内コンタクトレンズの手術費用は、レンズの度数によって変わることはありません。ICLレンズによるフェイキック手術は、近視の度数によって手術費用に格差があり、近視の程度が高いほどに手術費用も高額になります。しかし。軽度近視の方よりも強度近視の方のほうが視力回復手術を必要とされているのは当然のことであり、軽度近視であればLASIK手術の方が有効です。プレミアム眼内コンタクトレンズは、近視の度数に関係なく幅広い度数に対応していることも大きな特徴です。

  • プレミアム眼内コンタクトレンズ(後房型)
    • 近視
    • 遠視
    • 乱視

    このレンズは、従来の後房型レンズと比べてコストパフォーマンスに優れ、近視・遠視・乱視だけではなく、老眼にも対応した新しいレンズです。すでに海外では多くの実績があり、他の後房型レンズと同様に良好な結果が得られています。
    今までのフェイキックレンズでは、老眼の治療はできませんでしたが、老眼治療の新しい選択肢として、注目されています。

  • プレミアム眼内コンタクトレンズ・ホールタイプ(後房型)
    • 近視
    • 遠視
    • 乱視

    プレミアム眼内コンタクトレンズにホールタイプが新たに登場しました。プレミアム眼内コンタクトレンズは、コストパフォーマンスに優れ、近視や乱視だけではなく、老眼にも対応できる新しいタイプの後房型レンズです。このプレミアム眼内コンタクトレンズにホールタイプのレンズが登場したことで、手術後の房水の循環経路が確保でき、レーザーによる虹彩切開の処置が不要になりました。手術前の処置が不要になったことで患者様の負担が軽減され、フェイキックによる視力矯正が身近に選択できるようになりました。

  • 3焦点プレミアム眼内コンタクトレンズ(後房型)
    • 近視
    • 遠視
    • 乱視
    • 老眼

    後房型フェイキックレンズに、老眼に対応した遠近両用レンズが登場しました。新たに開発された遠近両用フェイキックレンズは、新たな老眼治療のメニューとして、世界からも大きな期待を集めています。老眼は、40歳を過ぎると自覚してくると言われている眼の老化現象です。角膜を削らずに老眼が治療できる遠近両用フェイキックレンズの登場で、老眼治療に新たな選択肢が加わりました。また、単焦点レンズで白内障の手術受けられた方にも適応しますので、多焦点レンズと同様の効果を得ることができます。

  • 3焦点プレミアム眼内コンタクトレンズ・ホールタイプ(後房型)
    • 近視
    • 遠視
    • 乱視
    • 老眼

    老眼治療に対応した後房型の遠近両用レンズにホールタイプが登場しました。フェイキックレンズで老眼の治療ができるようになったことで、見え方の質を重視する方には選択肢が増え、治療の適応範囲も広くなりました。従来の遠近両用眼内コンタクトレンズは、手術後の房水の循環を確保するために、レーザーによる虹彩切開の処置が必要でしたが、ホールタイプの遠近両用レンズが新たに登場したことで、虹彩切開をしなくても房水の循環を確保できるようになりました。手術前の処置が不要になったことで、患者様の負担を軽減することができます。

  • ホールICLレンズ(EVO+ICLレンズ)
    • 近視
    • 乱視

    このレンズの最大の特徴は、眼内の房水の循環を確保するために、レンズの中心に0.36mmの穴が開けられたことです。これによって、レーザーによる虹彩切開をしなくても房水循環の維持が可能になりました。レンズの中心に開けられた穴は、視機能への影響はなく、塞がる心配もないので、手術後の眼圧上昇といった合併症のリスクも軽減されています。
    また、手術時間の短縮、白内障が生じるリスクが低いといったメリットもあります。

フェイキック手術の指導医ライセンスを持つ
冨田院長が執刀を担当します

フェイキック手術の執刀は、指導医ライセンスを取得している冨田院長が担当します。フェイキック手術で使用するレンズには、角膜と虹彩の間にレンズを挿入する「前房型レンズ」と虹彩と水晶体の間にレンズを挿入する「後房型レンズ」があります。老眼治療に対応した遠近両用フェイキックは、後房型レンズになりますが、冨田院長は前房型レンズ、後房型レンズともに指導医のライセンスを取得しています。また、日本眼科学会のガイドラインには、フェイキック手術などの屈折矯正手術は、日本眼科学会が認定する眼科専門医であると同時に、角膜の生理や疾患、眼光学に精通している医師が、診断および手術を担当することが必須条件であるとされています。冨田院長は、屈折矯正を専門とする日本では数少ない眼科専門医でもあり、何でもご相談いただける心強い存在です。